ハードカプセルのODM|健康食品のODM(設計製造)、OEM(受託製造)メーカーはウキシマメディカル

ハードカプセルのODM

HOME>ハードカプセルのODM

ハードカプセルの形状・サイズ表

ハードカプセルの形状・サイズ表

サイズ 内容量 植物由来
(プルラン、HPMC)
豚由来
1 号 200 ~ 550mg
2 号 150 ~ 400mg
3 号 100 ~ 300mg

※ 内容量は目安です、カプセルの内容物によって変動します。
※ プルランとはタピオカからできた「でんぷん」由来のカプセルです。
※ HPMC とは、植物由来のセルロースを用いたカプセルです(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)。
※ 魚由来のカプセルもございます。

HPMC
透明/透明 白/白 透明ダークカラメル/透明ダークカラメル 透明ライトカラメル/透明ライトカラメル 透明緑/透明緑 透明黄/透明黄
豚ゼラチン
透明/透明 透明ダークカラメル/透明ダークカラメル 透明ライトカラメル/透明ライトカラメル 透明カカオ/透明カカオ 透明赤/透明赤 透明緑/透明緑
透明黄/透明黄 白/白 ラベンダー/白 ピンク/白 黄/白 緑/白

ハードカプセルの特性

ハードカプセルに向いている商品

当社のハードカプセルには、豚・植物・魚由来の成分を使用。タピオカからできた「プルラン(でんぷん由来)」、「HPMC(植物由来のセルロース)」を用いてカプセルを製造することもできます。その他の特性については下記をご覧ください。

POINT1主成分を多く充填できる
主成分が粉体成分の場合、ソフトカプセルと比べて主成分を多く充填できるため、1粒あたりの内容成分量を多くすることが可能です。
POINT2原料を自然な状態で充填できる
加熱・加圧なしで製造できるため、原料が変質する可能性が極めて低く、原料を自然な状態で充填することが可能です。
POINT3補助原料が少なくて済む
ソフトカプセルとは違い油成分を使う必要がないため、補助原料を最小限に抑えることが可能です。デリケートな成分を充填する際には、ハードカプセルをおすすめします。

▲ ページトップへ戻る

ハードカプセルの製造工程

原料受け入れ(空カプセル・粉末)

原料受け入れ検査

原料受け入れ検査

各種原料ごとに検査項目を定め、受け入れ時に必要な検査項目のチェックにより合否判定が行われます。

  • 微生物試験 (細菌数を測定し、原料の汚染度を検査)
  • その他

混合機

粉末原料を均一に混合します。

混合機

乾式造粒機

粉体原料を整粒することにより、充填に適した嵩比重に調整します。
※必要に応じて使用します。

乾式造粒機

調合粉末

ハードカプセル充填機

ハードカプセル充填機

タンピング式充填機とオーガ式充填機で空カプセルに混合末を充填します。

ハードカプセル成型

カプセル表面のツヤ出し

選別検査

選別検査

ベテラン検査員による全数検査で異物・キズなどの不良球を除去します。

金属探知機による検査

バルク製品検査

出荷前に、最終製品として各管理項目が規格値内であるかどうかが測定され、製品の合否判定が行われます。

  • 製剤試験(カプセルの大きさ、内容量などの測定)
  • 崩壊試験(カプセルが規定時間内に崩壊するかの測定)
  • 微生物試験(製品の細菌数の測定)

    ※必要に応じて
  • 加速試験(試作の場合)
  • 栄養成分 分析
  • その他

バルク製品検査

  • 小分け包装
  • バルク包装

合否判定

出荷

サプリメントのODM(設計製造)、OEM(受託製造)についてのご相談・お問い合わせはウキシマメディカルまで。 営業部 03-3255-4422 受付時間 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

所在地

本社
〒417-0826
静岡県富士市中里2626-65
TEL:0545-32-2723(受付時間 8:30~17:30)
東京営業所
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-28
アクア神田ビル5F
TEL:03-3255-4422(受付時間 9:00~18:00)

▲ ページトップへ戻る

成功するホームページ制作はこちら